最新の教育 タブレット

タブレット端末が教育現場に

教育現場に、タブレット端末を導入する教育期間が急速に増えてきています。
学生や生徒が直接触れさまざまなコンテンツなどにアクセスするエンドポイントデバイスとして、中心的な役割を担っています。
現在多くの学校が、導入し、授業のなかで活用しています。
従来の情報教育で使用されてきたパソコンからタブレットに置き換わったような感じです。
特に先進的な取り組みを進める学校の中には、校外にいる時間も、一日中ずっと占有できる環境を実現しているところもあるようです。
中には小学生低学年の生徒に1人1人台支給している学校さえあります。
こうしたスタイルの学習は、授業は知識習慣というより、ディスカッション等に重きが置かれます。
授業で必要な知識を自宅で学習しておき、その成果を授業に持ち寄ります。
こうした授業スタイルはどんどん増える傾向にあるようです。
しかし小学生など、一日中タブレットを使うことは、危険なサイトなどで犯罪に巻き込まれる危険性というリスクも存在します。

Copyright(c) 教育 タブレット . All Rights Reserved.