最新の教育 タブレット

教育、タブレット学習

教育現場でタブレット端末での学習が広まってきており、政府は2020年までに小中学校の生徒一人に対し一台を整備する目標を掲げています。
ですが、新年度から先駆け整備する自治体が出ており、他の地域にも広がりを見せています。
紙媒体をタブレット媒体に置き換えることに対して、電子化への拒絶反応、法改正と言う壁も持ち合わせており、教育現場が様変わりすると予想されています。
手を挙げた生徒だけに回答するスタイルではなく、教室内にいる全生徒の理解度を見ながら授業を進めることが容易となり、テスト採点など教員側の業務軽減につながるとされており、予算面に対してもコストを抑えられると言う利点があります。
自治体で導入が進んでる一方、紙か電子かとの論争が教科書の分野での隔たる可能性があり、子供の書く力が衰えると言う懸念も出ています。
国の法律が変わらない限りは補助する教材扱いとなるので、紙の教科書とタブレット端末を両方持ち歩きをしなければいけなくなります。

Copyright(c) 教育 タブレット . All Rights Reserved.